ピアノレッスンならカワイ音楽教室



生徒様アンケート

カワイおとなの音楽教室

  • 教室を探す
  • マイページはこちら

カワイ音楽教室とは

  • 教育の理念
  • 教育のシステム
  • 講師へのこだわり

教育の理念

カワイ音楽教室は1956年に誕生し、60年以上の歴史と実績を重ねてきました。
その間多くの人たちに音楽の楽しさ、喜びを伝え、そして今も多くの生徒さんたちへ音楽のすばらしさや楽しさを伝え続けています。

「個」そしてその「表現」を大切にします。

カワイ音楽教室の理念は音楽「を」学ぶのではなく、音楽「で」学ぶこと。
ただ単に技術を習得して「うまく」なることだけを目的とせず、各コースの表現活動を通して個性を育み、より豊かな人格形成を目指します。

personality & harmony KAWAI MUSIC SCHOOL

カワイ音楽教室「教育の理念」

カワイは音楽を通じて、一人ひとり
かけがえのない個性(personality)を導きだします。
そして、おたがいの個性を尊重しあう中から、
他人(ひと)と心を通わせ心を共振(harmony)
させる喜びを創りだします。

カワイ音楽教室の理念は音楽「を」学ぶのではなく、音楽「で」学ぶこと。ただ単に技術を習得して
「うまく」なることだけを目的とせず、各コースの表現活動を通して個性を育み、より豊かな人格形成を目指します。

教育システム

「音楽は人間が豊かになる為の、もっとも栄養価の高い糧である」という信念のもとに、60年以上の実績を積み重ねながら、
教育システム構築と指導方法の探求を行なってまいりました。
子どもから大人の方まで、「音楽する人(生徒)を育てる」という一貫した姿勢により、対象年齢に応じたコースを展開しています。

教育システムの目標

すべての人々が、均しく音楽を手に入れ、充分に楽しむことができるように。
音楽を、より高く、深く、多彩に表現するための技術を合理的に取得できるように。
音楽を通じて、個々の持つ様々な能力や可能性が育まれ、豊かな感性と人格が形成されるように。

3つの特長
  • みんないい「個」

    子どもに具体的な「形」は求めません。
    大人の基準や価値観による「上達」だけを求めません。自分を表現する喜びを味わって欲しいからです。

  • 「個育て」の場作り

    すべての子どもたちがのびのび「自分」を発揮できる環境と時間を提供します。
    「素敵な個性」を育む「個育て」の場作りをトータルにサポートします。

  • 高いレベルの講師

    最先端の教育研究に取り組み確かな実績と
    高い評価を得てきました。
    質の高い講師を十分に確保している事も誇るべき特長です。

1才~4才 リトミックを取り入れたグループレッスン

1歳児には親子のふれあいをメインとした親子リトミック。2歳児には親子リトミックのほか、自己表現を引き出すリトミック活動。
3歳児からは1・2歳児のリトミックの流れを取り入れながら、2年間を通してピアノ演奏への基盤を育む、鍵盤グループレッスンがあります。

1・2歳児コースのこだわり
こだわり・01 担当講師2名のグループレッスン

1・2歳のグループコースは担当講師が2人で行います。お子さま1人ひとりに目の行き届いた充実レッスンです。安心してお任せください。

こだわり・02 レッスン曲はアコースティックピアノで伴奏

グランドピアノによるレッスンの流れに合わせた伴奏で、お子さまの気持ちや動きに寄り添ったレッスンをいたします。
※レッスン室スペースの関係で、一部教室においてはアップライトピアノを使用する場合がございます。

3・4歳児コースのこだわり
こだわり・01 リトミック活動と鍵盤演奏

3・4歳の子どもの発達に合ったリトミック活動と鍵盤演奏を学びます。
様々な音楽を感じながら動くリトミック活動を取り入れることで、鍵盤演奏の技術習得のみにとどまらない「生きた音楽の演奏」を目指します。

3才~3歳からはじめるピアノ個人レッスン

「単に演奏技術の習得」だけではなく、「音を通して表現する楽しさを味わう」ことができる、カワイオリジナルテキスト「サウンドツリー」を使用したピアノレッスンです。
「サウンドツリー」でのレッスンは4歳からとなりますが、「3歳からピアノを始めたい」方のために、「ピアノをはじめる前の3歳ソルフェージュ」を実施しております。
また、小学生からは「サウンドツリーJ」を使用した「小学生からのピアノコース」、「コンクール入賞や上級グレードを目指したい」「将来指導者や演奏家になりたい」といった方を対象とした「ハイレベルピアノコース」を実施しております。

オリジナルテキスト「サウンドツリー」を使ったピアノレッスンのこだわり

一般的なピアノレッスンと「サウンドツリー」の違い

一般的なピアノレッスン 既成のテキストを
組み合わせて使用
楽譜の音符を読んで弾くレッスン ピアノ演奏を中心とするカリキュラム 先生自身の経験や
知識に基づいた指導
演奏そのもののスキルを高めるレッスン
サウンドツリーのレッスン 子どもの発達に合わせた一貫性のある教材で楽しくドレミを学ぶ ピアノと自由に触れ合い、多様な音楽表現も知ることができるレッスン 音楽教室ならではの総合的な学びで“やる気”を引き出す カワイ独自の研究と研修に裏付けられた指導 音楽好きな気持ちを育て、弾くことが楽しみになるレッスン
4歳児対象「サウンドツリー1A」によるレッスンのポイント
  • POITN 01 アコースティックピアノを使って 先生とコミュニケーション
  • POINT 02 最初から両手を使って弾く
  • POINT 03 弾き歌いによるレッスン
  • POINT0 4  楽譜を理解する力をつける

講師へのこだわり 常に高いレベルと十分な講師を確保しています。

1956年に誕生したカワイ音楽教室は、60年以上の長い歴史の中で最先端の教育研究に取り組み、確かな実績を積み上げ、高い評価を得てきました。
その内容の充実ぶりは、いずれのコースにおいても他に類を見ないと自負しています。
特に幼児コースには力を注ぎ、講師は児童心理学や幼児教育理論の習得、実践研修を重ねています。
質の高い講師を十分に確保していることも誇るべき大きな特徴です。

  • 講師研修体制カワイ音楽教室のシステムの理解とレッスンを実施するに際しての研修、資質向上のための研修を行うことにより、当社の音楽教育システムの普及に努められる講師を育成しています。
  • グレード体制演奏者や指導者として必要な演奏技術向上と、指導者として必要とされる知識や音楽能力の向上を図るためにグレードシステムを設けています。「研鑽や研究」の自己啓発を促すものです。
カワイ音楽教室で活躍している講師の声

カワイ音楽教室 新宿立川ユニット

打田 順子先生

『今しか表現できないこと』『今感じていること』を大切にレッスン

現在、1歳児からのクーちゃんランド、2歳児からのくるくるクラブ、3歳のためのピコルわーるど、4歳のためのピコルわーるど、3歳ソルフェージュ、個人コースと多くのコースを担当させて頂いています。
クーちゃんランドだった生徒さんがグループコースを経て個人コースへと進級していく姿をみると、成長発達に合った各コースのカリキュラムの良さを感じ、その音楽的な成長にいつも感動しています。
その為にも私は『今しか表現できないこと』『今感じていること』を大切にレッスンしています。これからも1人1人が自由に表現できる場所、それを認め、良いところを伸ばしていける空間を創っていきたいです。
カワイには自己研鑽を重ね、子供たちのことをよく分かっている先生がたくさんいます。困った時に情報交換ができる、自身も常に勉強、成長できる場があることに感謝しています。
『音楽すること』が自分を表現することへの自信に繋がる1つの手段となり、生徒さんが末永く音楽を続けていけるよう、楽しいレッスンを心掛けていきたいです。

カワイ音楽教室 静岡ユニット

山田 あずさ先生

私と同じように音楽の楽しさを知ってもらえたら

私は、3歳でカワイ音楽教室グループコースに入学し、4歳から高校卒業までピアノ個人コースに在籍していました。毎年の発表会
グレード、コンクールに挑戦し、幼い頃からピアノは生活の一部になっていました。けれど、いつも自分から進んで練習する生徒ではなかったので、弾いている曲がうまく弾けない時は特に、ピアノを弾くことが嫌いでした。が、レッスンの教室はいつも楽しくなる空間で、教室に行きたくない日はありませんでした。辛抱強く指導して下さった先生のおかげで、ここまで弾き続けることができ、音大へ進み音楽教室講師になる道を選択しました。自分が学んできたサウンドツリーの曲を指導する時、生徒だった自分を思い出します。お気に入りの曲、初めての発表会の緊張感、コンクールに入賞するために努力した日々、音楽教室にはたくさんの思い出を貰いました。これから出会う生徒さん達、現在指導している生徒さん達に、私と同じように音楽の楽しさを知ってもらい、将来も音楽に携わっていって貰えるよう、生徒さんを育てていけたらと思っています。

カワイ音楽教室 梅田ユニット

林 登子先生

音楽で交わす心の対話は優しさに満ち溢れています

“音楽”には人を幸せにする力がある!自分が音楽と共に生きてきて、嬉しいとき・悲しいとき、どんなときでも音楽に力をもらい、また時には音楽で誰かの役にたつこともできるのだという喜びを知りました。音楽は言葉を越えて心と心で通じ合う素晴らしいコミュニケーションができるもの。そして、今もなお音楽を通じてたくさんの人々と出会い自分の世界を拡げることができています。
音楽教室で出会う生徒さんたちにそんな喜びを知ってほしい。音楽で強くなれる力を持ってほしい。そして、音楽で幸せを感じた生徒さんたちがまた音楽の力でだれかをしあわせにしていって欲しい。
いつも、音楽教室の先生をしているわけは“世界平和”を目指しているから!だと言っています。それはとても大さげさな表現なんだけど、音楽で交わす心の対話は優しさに満ち溢れていて、そういう関係がひろがったら、それぞれが自分さえよければいいという考えから起こる諍いや争いが起こらなくなる・・・そうなってほしい。と心底ねがっているわけです。

カワイ音楽教室では、入社当時からグループレッスンを担当させていただき、個性あふれる素晴らしい先生がたに導かれながら、今までほんとうにたくさんのこどもたちと輝く時間を過ごさせてもらいました。
カワイ音楽教室のグループレッスンは、これまで時代の流れとともに今のこどもたちに必要なこと、これからの時代を背負っていくこどもたちがこんな風に育って欲しい。というようにコースカリキュラムが変遷してきました。
それは、私の概念を真っ逆さまにかえてしまうほどのセンセーショナルで魅力的なものばかり。チャイルドコーナーの本部研修のとき枠にとらわれず自由に表現するということがなかなかできなかった自分とその反面それができるっていうのはなんてしあわせなことなんだろうという想像の中で開放感を覚えたこと、そしてまた同じ先生が「音楽教室の先生は、先生自体がもう音楽でなければならないのよ」とおっしゃったひとことが今でも心に焼き付いていて忘れたことがありません。

カワイの音楽教育は、年齢・個性などひとりひとりの持っているものを大切にして伸ばしてあげる、音楽の表現は心の表現なんだということを大事にしていると思います。こどものレッスンでしたら、大人のニーズを満たすことではなく“こどもにとっていいこと”だけを考えてつくられています。
そういうカワイ音楽教室の魅力を活かして先生たちがスキルを伝授するだけのレッスンではなくできないことに注目するのではなく、できることにポイントをおきながらさらにできるようにしてあげる。だから楽しくてどんどん伸びていくようにレッスンでは、生徒さん自身の伸びる力を育てていくことを大事にしています。
せっかく長くピアノ習っていたのに、やめちゃったらなんにも弾けない・・・では もったいないですもの。
生徒さんたちに言いたいこと。
音楽がいつまでも大の仲良しのともだちでありますように。




pagetop