ピアノレッスンならカワイ音楽教室

生徒様アンケート

カワイおとなの音楽教室

ピアノが弾けるとこんなにも人生が豊で楽しいピアノをはじめる前の! 3歳ソルフェージュ 感性豊かに♪ピアノがぐんと上達するように!

音楽の授業はもちろん、  必修となったダンスの授業にも役立ちます。音楽の授業はもちろん、  必修となったダンスの授業にも役立ちます。

小学校では2011年度からダンスの授業が必修科目となりました。
音楽の授業はもちろん、ダンスにおいても、ピアノレッスンが役立ちます。

  • いち早く楽譜が読めるようになります。

    楽譜はすべての音楽、また楽器演奏の基礎でありながら、
    独特の記号やルールから難しいものと考えられています。
    幼い頃からピアノを学ぶと、苦手意識が芽生える前に、
    楽譜の読み方を自然に正しく理解することができます。

  • 創造力や表現力が身につきます。

    同じ曲を演奏しても、伝わる感動に差があるのは、演奏者の創造力や表現力が異なるからです。
    作曲家の意図や曲の背景を読み取ることもピアノを学ぶことのひとつです。
    こうした創造力や表現力は、他の分野でも役立ちます。

  • 音感やリズム感が育まれます。

    楽譜が読めるようになり、音楽にも多く触れると自然と曲のリズムを掴めるようになってきます。
    ダンスにはこのリズム感が大切です。
    ピアノを学んでいるとすぐにリズムを掴むことができ、ダンスの上達も早まります。

ピアノレッスンが、脳の発達にも良いことが、学術的に実証されはじめています。ピアノレッスンが、脳の発達にも良いことが、学術的に実証されはじめています。

欧米ではピアノレッスンはお子様の脳の発達のため、とも言われています。
脳科学など最近の研究成果によって、その理由が明らかになりはじめています。

  • ピアノは脳の働きを高めます。

    指先を動かす、先を読む、暗記する、ピアノを弾くために必要な要素は、すべて脳の働きに良いとされています。
    またピアノを弾くためには、左右の手だけでなく、目、耳、そして足さえも使わなくてはなりません。
    脳がフル回転している状態がピアノ演奏なのです。

  • 学校や社会での適応力も高まります。

    3歳~5歳ごろという早い段階で脳の発達が促進されることから、幼稚園や学校など外の社会でも落ち着きある対応ができるようになります。
    気持ちに余裕が生まれ、授業にも集中できるめ、感情をコントロールできる子に育ちます。

  • 脳の構造的な発達が
    期待できます。

    ピアノを弾くほど、脳の構造的な発達が促進されます。
    特に左脳・右脳のバランスが良くなることが知られていますが、その他にも運動能力を司る小脳や、記憶を司る海馬も発達するとされています。

集中力を鍛えるピアノは、忙しい中学生や高校生にこそ、おすすめです。集中力を鍛えるピアノは、忙しい中学生や高校生にこそ、おすすめです。

中学・高校受験を控え、ピアノと勉強の両立が難しい、
そんな風に考えてはいませんか。
実はその逆、ピアノは学力向上に大いに役立っているのです。

  • 勉強の合間のリフレッシュにも最適です。

    忙しい受験生とはいえ、ときには気分転換や息抜きも必要です。
    週に30分のレッスンならリフレッシュに最適。
    ときにはピアノ講師との会話が心の支えになることも。
    好きな曲を思いっきり弾いて、明日への糧としてください。

  • 東大生の56.4% がピアノを習っていました。

    東京大学の学生202人に実施したアンケートによると、過去にしていた習い事でピアノは第2位の56.4%にランキングされました。
    一般家庭に比べて2倍の数値で、良い影響を与えているといえそうです。

  • 集中力が鍛えられます。

    人前で演奏することも多いピアノは、本番を乗り越えるために強い気持ちが必要です。
    ピアノを通じて、ここ一番の集中力が鍛えられるとともに、受験勉強にも必要な継続力、忍耐力、持続力が身につきます。

ピアノは一生の友達。人生に豊かな彩りをプラスします。ピアノは一生の友達。人生に豊かな彩りをプラスします。

一度、身につけた演奏技術や読譜力は、年齢を重ねても忘れることはありません。
あなたにとってピアノはこれからも一生の友人であり続けます。

  • 好きなものと暮らす喜びを得られます。

    好きなものに囲まれて、好きなことをして生きるなんて
    夢のようなお話ですが、少なくともピアノはその手助けをしてくれます。
    例えば、休日の朝、ピアノを弾きながらコーヒーが沸くのを待つような、そんな素敵な暮らしがおくれます。

  • ピアノを弾く機会は意外と多いものです。

    ピアニストにならなくても、幼稚園や学校の先生なら毎日のように弾く機会はやってきます。
    もちろん大人向けの発表会がありますし、友人の結婚式や、仕事先のイベントで弾いたら、注目の的になるでしょう。

  • 友人や行動の幅が広がります。

    音楽教室では学校とはまた違う友人と出会えます。
    また遠く離れた会場まで外国人の演奏を聴きに行く機会もあるでしょう。
    ピアノは友人や行動の幅を広げ、
    素晴らしい経験をさせてくれます。

ステージでの演奏は、自分を高める貴重な経験となるでしょう。ステージでの演奏は、自分を高める貴重な経験となるでしょう。

心臓の音が聞こえそうなほどの緊張感は、人生にメリハリを与えます。
年に1度はステージに立ち、自分の成長を実感しましょう。

  • よい緊張感が
    よい結果を生み出します。

    ステージで演奏するということは、誰にとっても緊張する一瞬です。
    手が震えるほどの緊張感は、日常ではあまり体験できるものではありません。
    日々の練習や生活にメリハリをつける意味でも、定期的にステージに立つことも重要です。

  • 他の人の演奏を聴くのも勉強です。

    先生以外の演奏を聴く機会は意外とありません。
    発表会の場は他の人の演奏を聴くまたとない
    チャンスです。
    自分の実力を理解することできる上、演奏会で
    のマナーも自然と身につきます。

  • 確かな成長を実感できます。

    緊張感を集中力に変えることで、
    いつも以上に力を発揮できること
    もあります。
    緊張は家族や友人の拍手によって、
    喜びに代わることでしょう。
    こうした達成感は自信に変わり、
    そして次のステージへの意欲につ
    ながります。

ピアノチャレンジピアノチャレンジ

24時間受付中!お申込みはこちらから!

24時間受付中

お近くの教室をカンタン検索!

検索

地図から探す

24時間受付中!お申込みはこちらから!

お近くの教室をカンタン検索!

検索

地図から探す

pagetop

SHARE

pagetop